■中古でThinkPad_X201を買った

今更X201? 何時のよ? 2011年ぐらい。B5だが分厚い。でもいいんです、ポインティングデバイスがあるし、Core_i5だし。

●Lenovo ThinkPad X201

 

中古でThinkPad_X201を買った

●CPU:Core i5-560M

●メモリ:2~8GBまで選択可能です。このメモリは4GBだった。

●ハードディスク:500GBぐらい。

●液晶ディスプレイ:12.1型です。解像度は1280x800です。パネルは非光沢です。

●その他:内蔵WiMAX、指紋認証装置、これはWindows10になっていた。

●価格:19,800円(2018年6月、Amazonで購入)

※2011年ぐらいのビジネスノートとしては高スペック。堅牢性と合わせてレッツノートと張り合っていたみたい。

※2011年ぐらいは、会社でこれを使っていた。トラックポイントや打ちやすいキーボードが懐かしい。重さや厚さ、バッテリー駆動時間を除けば、2018年でもまだまだいけると思って中古機を購入した。

 

 

●バッテリーはだめだった

 

当時のカタログ値で2時間。実際にこれを使ってみると、なんと10分。中古機だからしょうが無いか?

速攻でAmazonで3千円ぐらいの3thパーティー製を買った。3~4時間持つようになった。

中古でThinkPad_X201を買った

●Windows10は軽かった。~さすがはCore i5

 

Windows10には絶対的な不信感(めちゃめちゃ重い)があったんですけどね。さすがはCore_i5.立ち上げは30秒以内だった。満足できるレベル。

でも人は欲深い物だ。SSDに変えてしまおう!

 

●なんと言っても赤いトラックポイント

 

そうね。前の会社で使っていたトラックポイント。その便利さは・・・

キーボードを打ちながら部分的にカーソル移動=手を動かさなくて良い=早い

その便利さを知った人は結構トラックポイントに凝る。従って自分の自宅のデスクトップPCのキーボードもそれだったり、そのキーボードもまだ売っていたりする。

中古でThinkPad_X201を買った

●今更のX201のメリット:デメリット

 

メリット

前述の通り、高性能や堅牢性、トラックポイント。内勤の人間にとっては(個人で使うには)まだまだいける。充分だ。

デメリット

重い、でかい、分厚いし、かっこ悪い。外回りの営業マンには向かいだろう。

 

Update 2018/06/23  Create 2018/06/23

 

 

関連記事


Lenovo X201 補修バッテリーへの交換

中古PCとしてLenovo_X201を買った。何度か充電・バッテリー使用を繰り返したが、バッテリーの駆動時間は15分程度。当時のカタログ値は2時間程度。仕方ない、逝ってしまっている。補修バッテリーを買おう。

Lenovo X201 補修バッテリーへの交換

このページの先頭へ