■デスクトップか? ノートか?

パソコンを購入する時にまず迷うのは、デスクトップにするかノートにするかですよね。どちらにするかはメリット・デメリットと自分が使うシチュエーションによって決まってきます。

デスクトップか?ノートか?

●メリット・デメリット

区分 デスクトップPC ノートPC
PC自体の性能と価格 ○性能は高く、価格は安い ×性能は引く価格は高い
色々な場所で使いたい ×
デバイスの接続性 ○配線はつなぎっぱなしにできてスマートである ×都度接続の必要があり、手元も配線が複雑に存在する。
デバイスの拡張性 ○好きなデバイス(キーボードやぢスプレイ等)が使える。 ×一体型の為選択肢なし。
故障時の可用性
(使い続けられる度合)
○ディスプレイイ・本体・デバイス等部分修理(対応)が可能。代替品があれば使用継続できる。 ×修理に出す=その間は全く使えない。
故障時の修理代金 ○BTO端末であれば自分で部品(マザーボード、CPU、ディスプレイ内部品)交換が安く可能。 ×メーカー修理代金に依存=高い

パソコンを主体として仕事や趣味を行うヘビーユーザーは、自宅に高性能なデスクトップを置き、サブとして安い(文書作成に特化した)ノート&モバイルを持つのがベターでしょう。

 趣味が主体なライトユーザーは持ち運べるノートPCがベターだと考えます。

 

 

●どんなデスクトップPCが良いか?

スペースが無いならノートPCとすべきだと思いますので、省スペース等の中途半端なデスクトップではなく、でっかいPCケースの高性能なPCが良いと考えます。又、メーカー物の余分な機能・ソフトが入った物より、必要な機能(必要なソフトは使いまわしが出来る)に絞ることができるBTOパソコンが良いと考えます。

●どんなノートPCが良いか?

区分 ノートPC モバイルPC ネットブック
大きさ・重さ でかい・重い 手ごろ・軽い 小さい・軽い
価格と性能 安い・高性能
CPUはそれなり
メモリは2G以上
5万円前後
高い・高性能
CPUはそれなり
メモリは2G以上
5万円前後
安い・性能悪い
CPUはATOM
メモリは1G
3万円前後
拡張性 メモリ追加可 メモリ追加可 メモリ追加不可

メインPCのデスクトップPCを持っていて、情報チェックや文書作成目的ならモバイルPCや最近流行りのスレート端末(iPadなど)があれば良いでしょう。1台で色々な場所で使いたい場合は少し大きいですがA4のノートパソコンが良いでしょう。

 

Update 2018/07/15  Create 2012/03/10

 

 

関連記事


■マザーボードの交換

電源が入らない故障が発生し、原因がマザーボードの様だったので、交換してみることにしました。元の物と違うマザーボードへの交換は、OSの再インストール又は入れ替え等が必要になりますが同じ型式の

マザーボード交換の概要

■インテルか?AMDか?

PCの買い方にもよるが、ある程度、IntelかAMDかの選択が可能だ。性能が同等であればAMD搭載のPCの方がPC価格は安い。シェアは?性能差は・・・

インテル AMD

  

このページの先頭へ